【&YOGA】手作りジンジャーエール


【&YOGAなナチュラルライフ vol.02】暑さを乗り切る! 手作りジンジャエール

text&photo by kanako

暑い日が続くと、ついつい冷たいものが欲しくなります。
冷たいものの飲みすぎは、のどの粘膜を収縮させ、血液の流れを滞らせてしまいます。
そしてそのつけがなんと3か月後に回ってきます!

ちょどそれは秋~冬にかけて、多くの女 性が体は冷えて頭はのぼせなんだか体がだるくやる気がでないという症状に悩む時期です。
特に暑い夏には欠かせないアイスクリームは体を冷やす白砂糖がたっぷりとはいっていますので食べすぎには要注意です。

スイーツは私たちの生活の中でとても大事なもの。ストレスを感じているときにリラックスできるのが甘いものだから。ただし甘みは質の良いものを選ぶ必要があります。精製した砂糖(白砂糖)は甘みが強く血液に入って血糖値を急激に上げてしまいます。摂り続けていると糖尿病に繋がる危険性もあります。
なるべく緩やかな甘みでゆっくり分解され血糖値も徐々にアップしていくメープルシロップや甜菜等、米飴などの甘みを選ぶようにしましょう。

しかし、すっごく暑いときにはどうしても冷たいものを飲みたくなります。甘くて冷たいアイスクリームも食べたくなります。
熱中症にならないためにもある程度クールダウンも必要。

あまり体を冷やさないような食材を使った飲み物ならということで、

生姜をたっぷりと使い、甘みはメープルシロップとりんごジュースでつけた体も喜ぶジンジャエールのレシピをご紹介します。

手作りジンジャエールは自宅で夏に大活躍!いろいろな飲み方ができるのも魅力的です。
つくり方は簡単!生姜を切ってスパイスと煮るだけ。

手作りジンジャーエール

『手作りジンジャエール』レシピはこちら

材料
・生姜200g
・メープルシロップ 200g
・りんごジュース(濃縮還元砂糖不使用) 200g 
・シナモンスティック 2本
・クローブ 10個
・唐辛子 2本

新生姜がおすすめです。

1.生姜は薄皮をむいて、6mmくらいの厚さに切る。

メープルシロップとりんごジュース

2.メープルシロップとりんごジュースを入れ火にかける。

新生姜とスパイス

3. 生姜、2~3つに割ったシナモン、クローブ、大きめにちぎった唐辛子をいれ沸騰したら弱火で20分ほど煮てそのまま冷ます。

ポイント :沸騰させてしまうとスパイスの香りが飛んでしまうのでなるべく弱火でコトコトと。生姜とスパイスの良い香りがしてきます!

 


4.冷めたら漉してスパイスを取り除き熱湯消毒した保存瓶の中に生姜とシロップを入れて、冷蔵庫で保存する。
※清潔に冷蔵保存すれば数ヶ月はもちます。

5.グラスに氷を入れて、出来上がったシロップ大さじ1~2を 加え炭酸水150ccを注ぎいれる。
カットしたミントを加えたり、レモン汁を少々入れるとさっぱりした味になります!

【おすすめのアレンジ】

・お湯で割ってホットジンジャーにして飲む。体がポカポカに。風邪の予防にもおすすめ。
・甘煮の生姜を刻んでお菓子作りにもどうぞ!
・ビールで割ればシャンディーガフに。
・紅茶で割ってもなかなか美味しいです。
・ミントを添えるだけで自然のアロマテラピー効果が心をやさしくしてくれます。

やさしい甘みにピリリと大人なジンジャエールを是非お試しください!


Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

つむぐるドットコム| 長野県松本エリアの子育て情報WEBマガジン © 2018 All Rights Reserved

つむぐるドットコムは長野県中信地域(松本市・安曇野市・塩尻市周辺)に暮らすママのための子育て情報WEBマガジンです

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress